JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL60922B03)
募集終了

国名
ガボン
職種コード 職種
G182 小学校教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
4代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/3 ・2023/4 ・2024/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国民教育省

2)配属機関名(日本語)

エスチュエール州アカデミー局

3)任地( エスチュエール州ントゥム市 ) JICA事務所の所在地( リーブルビル市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

エスチュエール州アカデミー局は州内にある教育機関(就学前、初等および中等)の監督を行っており、管轄する教育機関の運営指導、カリキュラム作成指導、教育統計の作成および教師に対する各種研修を行っている。活動先である小学校はントゥム市の中でも多くの児童を抱えた学校となり、草の根無償資金協力により校舎の増築が行われる予定である。

【要請概要】

1)要請理由・背景

小学校教育隊員は2014年から派遣が始まり、教育省本局には2017年からシニア海外ボランティアの派遣が継続されている。教育省は初等教育のカリキュラムに体育、図工、音楽が組み込まれているが教育現場においては当該教科に対する教師の認識、指導技術不足、教材不足などの理由でほとんど実施されていない。子どもたちの健康促進、体力強化の観点から体育に対する認識が変わりつつある中、幅広くスポーツを紹介し子どもたちが運動のできる環境づくりを隊員と共に推進したいと考えている。また、SVが推進している算数能力向上プロジェクトと連携して児童の計算能力向上支援を行い成果を上げている。同活動先には幼児教育、体育隊員も要請されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

同僚教師や他の協力隊員とともに以下のことを行いながら、教師の知識と指導力向上を目指す。
1.ントゥム市内のパイロット校において教師や子どもたちに、いろいろな運動を紹介する。
2.定期的に体力測定や運動会を企画し、運動の楽しさを体感させる。
3..教師と子どもたちを動員して運動場の整備を行う。
4.児童(高学年4~6年生対象)の算数計算能力向上の支援を同僚とともに行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

運動道具、隊員作成教材など

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:校長1名(女性40歳代)
教員20名(20歳代~50歳代

活動対象者:児童約1,000名、保護者

5)活動使用言語

フランス語

6)生活使用言語

フランス語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(小学校教諭)
    (教諭免許(校種・教科不問))

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(教員経験)2年以上 備考:教員への指導もあるため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯雨林気候) 気温:(25~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】