JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL63022A11)
募集終了

国名
モザンビーク
職種コード 職種
G101 青少年活動
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

ジェンダー・子供・社会福祉省

2)配属機関名(日本語)

ガザ州立児童保護施設

3)任地( ガザ州シャイシャイ市 ) JICA事務所の所在地( マプト市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 3.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

同施設は孤児を対象とした公立児童保護施設で、ガザ州ジェンダー・子供・福祉局の下部組織となる。シャイシャイ市内および周辺地域の孤児や家庭問題により家族と生活できない0-34歳の青少年・乳幼児・障害児・障害者を保護し、必要な扶助を与えている。現在の入居者は約40名(男子20名、女子20名程度)。国のモデル施設として敷地内に新施設を建設中である。運営面の年間予算は140万MT(約230万円)。2020年3月まで2代目の協力隊員が派遣されていた。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同施設では施設職員の児童保護に関する知識や意欲は高いとは言えず、青年海外協力隊がともに指導やレクレーションの企画等を行うことで、より効果的な青少年活動が行われ、施設の青少年・児童が将来に希望をもって、自立生活できる教育環境の実現が求められている。また在籍する子の中には発達障害をもつ児童もいるため、能力に合った支援が必要だと考えられる。本件は、その要望に沿って要請されたものである。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 学齢期の青少年・年少幼児に向けた、各種ゲーム、スポーツレクレーションの企画・実施支援およびその指導。
2. 施設の青少年・児童への基礎的な「読み・書き・計算」学習の指導支援。
3. 児童の施設内での生活が楽しいものとなるように支援・調整すると同時に、施設職員への指導支援。
4. 情操教育、衛生教育、道徳教育の指導支援。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

施設内調理・作業等機材等

4)配属先同僚及び活動対象者

【配属先】
施設長(女性、40代)
他スタッフ10名(20代-40代)

【対象者】
入居者青少年、年少幼児、障害児・者

5)活動使用言語

ポルトガル語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)又はスペイン語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:同僚と同等の学歴が必要な為

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:配属先の要望

[汎用経験]:

 ・青少年を対象とした活動経験

[参考情報]:

 ・障害児ケアの経験があることが望ましい

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(10~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】