JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL63022B04)
募集終了

国名
モザンビーク
職種コード 職種
A101 コミュニティ開発
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/4 ・2024/1
活動先での風景

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

外務・協力省

2)配属機関名(日本語)

国際連合世界食糧計画モザンビーク事務所

3)任地( マプト市 ) JICA事務所の所在地( マプト市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

国連機関である世界食糧計画(以下WFP)モザンビーク事務所は、1977年に設立され、飢餓の減少、食糧安全保障、栄養改善に取り組んでいる。モザンビークでは、2019年のサイクロン・イダイをはじめとする自然災害や干ばつが頻発しており、WFPは被災地域での栄養強化食品の配布や、同国北部での紛争・治安悪化による避難民に対しての食料支援等を行っている。また、農家の生産性を向上させ、生産量を増やし、干ばつ、洪水及びその他の災害 に対する適応能力を向上させる、持続可能な食料生産システムの確保及び、強靭(レジリエント)な農業支援にも取り組んでいる。

【要請概要】

1)要請理由・背景

WFPモザンビークでは、農作物の生産性向上による生産量増加、持続可能な食料生産システムを確保できるよう、小規模農家の支援を行っており、推定30%と見積もられている収穫時・収穫後ロスの改善に取り組んでいる。また、女性農家の所得向上、子供たちの栄養改善、必要なサービスや市場への平等なアクセスの確保が課題であるとし、WFPは農業・農村開発省及び地方組織と共にこれらの支援に取り組んでおり、このような状況の中、草の根レベルで活動ができる隊員の要請がなされた。2022年3月からJICA海外協力隊1名(コミュニティ開発)が活動中である。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

WFPチームメンバー、農村開発省傘下の州及び郡の機関と協力し以下の活動をする。
1. より効率的なマーケットへのアクセス、持続可能な食糧の取り扱い方法、バランスのとれた食糧消費パターンについての調査及び評価・モニタリングを行う。
2. 1.の課題解決への提言や、ボランティアの業務範囲内で、各地から集まるデータの分析も期待されている。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

パソコン、フィールド調査時の携帯電話、机、椅子、プリンター、スキャナーなど。

4)配属先同僚及び活動対象者

【配属先同僚】
所長:女性 40代、副所長:男性 40代
主たるチームメンバー 5名 20-30代
【活動対象者】
対象地域・対象者は派遣後に配属先と話し合って決める。

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(修士) 備考:同僚と同等の学歴が必要なため

[経験]:(    ) 備考:

[汎用経験]:

 ・フィールドワーク(現地調査、研究)経験

 ・食生活改善や栄養に関する知識や経験

[参考情報]:

 ・プロジェクト運営経験(なるべく)

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(10~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

モザンビークの公用語はポルトガル語であるが、国連機関に配属となることから、機関内での業務(報告書やミーティング)では英語が必須である。