JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL63622A16)
募集終了

国名
ルワンダ
職種コード 職種
A101 コミュニティ開発
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
2代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

地方自治省

2)配属機関名(日本語)

カヨンザ郡カバロンドセクター事務所

3)任地( 東部県カヨンザ郡カバロンドセクター ) JICA事務所の所在地( キガリ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

東部県カヨンザ郡には、行政単位であるセクターが12あり、カバロンドセクターはそのうちのひとつである。セクター事務所は、市民サービス課、社会福祉課、農業課、会計課で構成されていて、住民の生活全般に対する各種サービスを提供している。農業課では、野菜の栽培やコーヒーの栽培など多岐にわたる活動を実施している。同郡の人口の95%は農業従事者であり、低湿地を中心に野菜栽培・稲作が営まれており、首都キガリへのアクセスが良いことから、農産物の生産地として近年農業開発が進んでいる。

【要請概要】

1)要請理由・背景

コーヒー豆は換金作物として重宝され、栽培農家も増えているが、東部県はコーヒーの栽培に関しては、他の地域に比べて収量・品質ともに遅れをとっている。また、同地域は個人農家が多く、生産量の大幅増を見込めないのが現状である。多くの農家がコーヒー豆の品質・味に関する知識を持たず、また栽培技術も未発達のため、品質・収量ともに改善が求められている。2021年5月から派遣されている隊員は近隣の農業組合に出向き、コーヒーの収量・品質向上を目指した啓発活動を実施している。同国では、2021年よりJICAの技術協力プロジェクト「コーヒーバリューチェーン改善プロジェクト」が実施されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

・配属先関係者と協力して、任地のコーヒー農家の生産状況等を調査・把握し、以下の活動内容から選択して実施する。
1.コーヒーの収量・品質向上を目指した農家・組合への啓発活動を実施する。
2.栽培に関する技術向上を支援する。
3.コーヒーの定植・管理状況に関する監督・助言をする。
4.組合に対して効率的な運営へ助言を行う。
・必要に応じて他のコーヒー関連隊員及びコーヒー関連のJICA事業関係者と情報共有・協働を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

事務スペース(机・椅子)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:セクター農業技官(30代、男性)
活動対象者: 地元農家、農業組合、コーヒー加工処理センター、セクター農業技官、郡農業技官(換金作物担当)、等

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:C)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:査証取得に必要なため

[経験]:(    ) 備考:

[汎用経験]:

 ・コーヒー栽培や加工方法に関する知識や経験

 ・農作業経験3か月以上

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(サバナ気候) 気温:(13~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(不安定)

[水道]:(不安定)

【特記事項】

・活動場所であるコーヒー畑には蜂がいる可能性があるため、エピペン持参が望ましい。