JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL74522A18)
募集終了

国名
キルギス
職種コード 職種
I102 障害児・者支援
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

法務省

2)配属機関名(日本語)

ソーシャルビレッジマナス
NGO

3)任地( チュイ州モスコバスキー県 ) JICA事務所の所在地( ビシュケク市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は、2004年に登録されたNGOで、若年層身体障害者へのリハビリや教育、職業訓練を行っている障害者入所施設である。施設の利用者は24名。共同生活を行いながら、手工芸品などをつくる作業や畜産や野菜栽培をするタウンから離れた居住施設とパンや乳製品の加工、販売を行うタウンにある作業施設の2か所を拠点としている。年間予算は約4万米ドル。これまで、定期的にドイツからのインターンボランティアを受け入れていたが、新型コロナの影響により中断している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

現在、24名の障害者が在籍しているが、ドイツからのインターンボランティアが中断しており、スタッフの作業効率を向上させる必要に迫られている。居住施設においては、マスク着用やこまめな体温測定など、感染対策を取りながら、業務を進めているが、これまでに経験のない事態に対応する中、どのような改善が有効であるかを隊員とともに考え実践したいと考えている。また、作業施設においては、生産した製品の販売、流通を強化し、施設運営の財務状況を安定させたいという考えもある。これらに関し、協力隊の知識と経験を持って、支援してもらいたいと考え、要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

基本的に両施設全体を見たうえで、自分に出来る貢献をする。
1.障害者の運動、リクリエーションプログラムを充実させる。
2.スタッフの業務合理化に役立つ提案と実施。
3.配属先で生産される製品の流通、販売への支援。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

作業所においては、ミルク精製機、ベーカリーオーブン、キッチン用品がある。

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:団体代表60代女性、施設スタッフ20~30代10名。

活動対象者:障害者 男女 24名(18~30歳)

5)活動使用言語

ロシア語

6)生活使用言語

ロシア語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:業務に係る提案をするため

[汎用経験]:

 ・障害者を対象とした活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(高地地中海性気候) 気温:(-20~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】