JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL76322A09)
募集終了

国名
ウズベキスタン
職種コード 職種
G157 日本語教育
年齢制限
活動形態
個別
区分
交替
9代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

高等中等専門教育省

2)配属機関名(日本語)

世界経済外交大学

3)任地( タシケント州タシケント市 ) JICA事務所の所在地( タシケント市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 徒歩 で 約 0.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

首都にある大学で、学生数は約1,300人。1992年に前大統領が、指導者の育成を目的として設立し、「外交官養成所」と言われる程、外交分野へ人材を輩出している。国際関係に強い高等教育機関であり、国際経済学部、国際法学部、国際関係学部の3学部がある。外国語教育に力を入れており、第一外国語のほかに、第二外国語として韓国語、日本語を含む9言語の講座がある。ロシア、EU諸国、韓国、日本からの機材、教材のほか、韓国援助機関KOICAからの教師派遣も行われている。日本の早稲田大、筑波大、東京大などから短期のグループ留学生を受け入れ、交換プログラムも行われている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

日本語講座は東洋言語学科に属し、学科長も日本語講座の教授が務める。現在までのJICA海外協力隊の協力により、第二外国語の日本語講座で必要な機材や教材は基本的に揃い、日本語を学習する環境は整っている。一方で第二外国語としての日本語講座であるため、授業数は決して多くはなく、効率的、効果的な日本語習得のため更なる日本語講座の充実をさせるべく、ネイティブ日本語教師としての協力隊による協力が求められている。また、2021年に大統領のイニシアティブにより、同配属先内に世界言語センターの設立された。同センターでの日本語教育への支援についても期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 大学2年生から4年生の日本語クラスに対する授業。(週7~8コマ、1コマ90分、1クラス10~12人程度)
2. 学内外の日本語弁論大会や、漢字コンテスト、文化イベントへの協力。
3. 学内外国語教師勉強会への協力。
4. 日本語能力試験受験者のための特別クラス。
5.世界で活躍できる人材育成を目的に設立された世界言語センターにおいて、学生、教師、公務員等一般人への日本語指導。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

教室、LL教室、CDラジカセ、DVDプレーヤー、パソコン、プロジェクター、コピー機
使用テキスト:『みんなの日本語I,II』、『J Bridge』

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:東洋言語学学科長(女性 40代 日本語教師経験10年以上)、日本語教師2名(女性 30代および20代 日本語教師経験10年以上)

対象者:大学2~4年生(約70名)、世界言語センターに通う一般人

5)活動使用言語

ウズベク語

6)生活使用言語

ウズベク語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(日本語教育に関する資格)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:大学で活動するために必要

[経験]:(実務経験)2年以上 備考:即戦力として活動するため

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(ステップ気候) 気温:(-20~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】