JICA

2022年度 秋 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL76322B02)
募集終了

国名
ウズベキスタン
職種コード 職種
H114 理学療法士
年齢制限
20~45歳のみ
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/2 ・2023/3 ・2023/4 ・2024/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

就学前教育省

2)配属機関名(日本語)

特別障害児幼稚園イムコン

3)任地( タシケント州キブライ郡 ) JICA事務所の所在地( タシケント市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先の幼稚園は就学前の障害児を対象とした施設であり、2022年3月に開園した。施設は幼稚園および治療を主とした病院からなる。幼稚園では、現在は2~7歳の児童104名を受け入れている。病院では0歳~18歳まで、毎月約45名を対象に診療とリハビリテーションを行っている。職員数は110名(医師3名、看護師10名、障害児支援12名、運動療法支援者7名、他職員)。対象者は、脳性麻痺・ダウン症・先天性内反足等の障害、視覚・聴覚障害等、様々な障害をかかえている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

理学療法士という資格が存在しない同国では、看護師が研修を受けリハビリテーションを行っている。総合的な理学療法の知識を持つ人材は限られ、リハビリテーションは、マッサージ、物理療法が主流である。運動療法や物理療法の効果的な組み合わせや、患者の生活を視野に入れた包括的な治療計画を取り入れ、リハビリテーションを普及させていく必要がある。施設は機材、設備などは充実しているが、リハビリテーションを行うスタッフの技術や経験が十分でないこと、障害児を対象とした経験が少ないことから、同僚へ正しい知識、技術を習得させ、園全体のリハビリテーションの質を向上させることが求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 担当医師及びスタッフらと協議し、運動療法とADL指導を中心とした理学療法、リハビリテーションを患者に提供する。
2. 患者の状態に応じた効果的なリハビリテーションが導入されるよう、個別プログラム策定の指導を行う。
3. 日々の活動を通して同僚と意見交換し、知識、技術の向上を支援する。
4. 治療対象が小児である点を考慮し、楽しみながら取り組めるリハビリ療法を提案する。
5. 家族に対し、自宅でも可能な運動療法の紹介や日常生活活動の指導を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

リハビリテーション器具(マッサージ用ベッド、平行棒、訓練用階段、エルゴメーター、肋木)、手指運動器、リハビリ用遊具(ボール、レゴ、色選択ボード、コップ、輪投げ、スプーン等)、プール

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
運動療法担当者7名(20~30代、経験年数1~10年)

活動対象者:
園児・通院児童(0~18歳、1日10人前後)

5)活動使用言語

ウズベク語

6)生活使用言語

ウズベク語

7)選考指定言語

言語問わず(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(理学療法士)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)5年以上 備考:経験に基づく実践力を要する

[参考情報]:

 ・小児への施術経験があることが望ましい

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(ステップ気候) 気温:(-20~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

同配属先には、同時期に障害児・者支援隊員の派遣も予定している。