JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(JL76622A07)
募集終了

国名
ジョージア
職種コード 職種
F201 観光
年齢制限
活動形態
グループ型
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

環境保護農業省

2)配属機関名(日本語)

ボルジョミ・カラガウリ国立公園管理総局

3)任地( ボルジョミ ) JICA事務所の所在地( トビリシ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 2.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ボルジョミ・カラガウリ国立公園は1995年にジョージアで最初の国立公園として設立された。国土の1%以上にあたる851㎞2の広さがあり、3000mを超える山岳地域、湖、森林が豊富で、多種多様の動植物が生息する。この国立公園を運営管理する管理総局では、地域に生息する多様の動植物の保護と管理だけでなく、自然を生かした観光、健康スパやスキー場などの様々なリクリエーションの機会を提供するとともに、環境教育にも力を入れている。管理総局は保護局と管理局の2つの部局があり、87名のフルタイムスタッフが勤務している。

【要請概要】

1)要請理由・背景

1995年の設立当初はドイツ政府及びWWF(世界動物保護)の支援により国際的な水準の国立公園が完成した。広大で山岳地帯だけでなく森林や湖、草原など様々な自然相を含む地域で動植物の保護や管理は容易でないものの、観光地としては大きな可能性を持っている。ジョージア政府は地域の経済発展や雇用の拡大のために観光開発を推進しているが、当国立公園では特有の貴重な自然を保護しながら、その自然を生かした観光開発が求められている。環境保護農業省はエコツーリズムなど当国立公園の自然を生かした観光ツアーの企画等を現地スタッフと一緒に検討し、実施できる元気と知恵のある新しい隊員を求めている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1. 国立公園にある動植物、自然環境のリスト作成及び既存の関連施設、設備、案内や説明資料の観光資源としての評価
2. 国立公園の自然資源をベースにしたエコツアーの企画(国内の子供や学生、海外観光客う向けなど対象別の数種類の企画)
3. エコツアーのためのビジュアル広報資料の企画、作成
4. エコツアーに関わるスタッフ育成のための研修の企画・実施。関係スタッフのチームビルディング

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

執務室、専用のラップトップPC,カメラ、共用のプリンター、スキャナー

4)配属先同僚及び活動対象者

管理総局には保護局と管理局併せて87名の常勤スタッフと6名の契約スタッフが勤務している。管理局にはビジターセンターが含まれ、隊員は管理局に配属となる。
管理局は局長他12名のスタッフがおり、全員が大学卒以上で年齢は28歳から57歳。

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

その他

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒) 備考:

[経験]:(実務経験)3年以上 備考:国立公園でのエコツールズム関連業務などの実務経験

[汎用経験]:

 ・自然保護やエコガイドに関連する活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(湿潤大陸性気候) 気温:(-10~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

本件要望は「環境教育」「観光」がセットとなっており、同じ国立公園の管理総局で協働して活動を行う。児童や学生向けの環境教育プログラムの作成や実施を担う「環境教育】隊員と観光プロモーションや観光客向けのプログラムの作成や実施を担う「観光」隊員が共通のリソースを活用し、協力してそれぞれの役割を担うことが期待されている。