JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(NJ30922A15)
募集終了

国名
ブラジル
職種コード 職種
G124 野球
年齢制限
活動形態
日系
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

バストス日系文化体育協会

2)配属機関名(日本語)

バストス日系文化体育協会
日系社会

3)任地( サンパウロ州バストス市 ) JICA事務所の所在地( サンパウロ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 5.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

バストス市はサンパウロ市から約550㎞西に位置し、人口は約2万人で、養鶏が全国的に有名な都市である。バストス日系文化体育協会は1928年に設立され、現在の会員数は約500家族、年間予算は約26万米ドルである。日本語学校の運営をはじめ、太鼓などの日本文化や、野球、柔道などのスポーツ活動を支援している。同配属機関へのこれまでのJICA海外協力隊員派遣実績は、日本語学校へ日本語教育隊員7名、史料館へ学芸員隊員1名及び司書隊員1名、柔道部へ柔道隊員1名で、野球部の要請は今回が初となる。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属機関において野球は地域コミュニティの活性化、日本文化継承、青少年の健全育成に寄与する重要な活動である。同野球部は過去にMLB選手も輩出したブラジル国内屈指の名門チームであるが、近年は日本への出稼ぎや生活様式の変化により指導者が不足しており、それに伴い選手も減少傾向にある。今回、最新の野球理論に基づき、手本を示しながら指導できる質の高い指導者を求め、JICA海外協力隊員の要請があったもの。隊員には野球を通した子どもたちへの礼儀や規律に関する指導、また現地指導者の育成も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属機関同僚と共に以下の活動を行う。
1. 5-16歳の少年少女への野球指導(月~土14:30-17:30)
2. 大会への引率・指揮
3. 現地指導者の育成、指導法やチーム運営に関するアドバイス
4. 野球以外の配属機関主催イベントへの協力、参加

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

野球場2ヶ所4面(うち2面は子ども用)、打撃ゲージ、野球道具一式(ボール、グローブ、バット、キャッチャー用防具、他)

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: 、指導者4名、アシスタント5名

活動対象者: 少年少女50名(5-16歳、初心者-都道府県大会出場レベル)

5)活動使用言語

ポルトガル語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(高卒) 備考:配属先の要望

[経験]:(競技経験)10年以上 備考:技術指導が必要

[汎用経験]:

 ・青少年を対象とした活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(5~35℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】