JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(NJ30922A17)
募集終了

国名
ブラジル
職種コード 職種
G124 野球
年齢制限
活動形態
日系
区分
交替
3代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

グァララペス日伯文化協会

2)配属機関名(日本語)

グァララペス日伯文化協会
日系社会

3)任地( サンパウロ州グァララペス市 ) JICA事務所の所在地( サンパウロ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 4.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

グァララペス市は、サンパウロ州北西部に位置する人口約3.3万人の都市。配属機関は1957年に設立した日系団体で、野球、ゲートボール等のスポーツ活動に加え、日本文化継承や地域親睦のためのイベント(新年会、盆踊り、カラオケ大会等)を行っている。過去に5名のJICA日系社会海外協力隊員(日本語教育隊員3名、野球隊員2名)を派遣している。現在の会員数は、約200名(日系比率98%)。年間予算は約1.6万米ドルである。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属機関はかつて国内屈指の強豪野球チームを有していたが、その後出稼ぎブームや若者の大都市への流出によりチームが消滅した。近年、日本から戻ってきた日系人らにより少年野球チームが再結成され、低学年の子どもたちへ基礎を指導するため、2017年1月に野球職種では初代となるJICA海外協力隊員が派遣され、2019年7月には2代目が派遣された。2名の隊員の活動により低学年の子どもを中心に競技者が増え、チームの運営は軌道に乗りつつあるが、後を引継ぐ現地指導者の育成等の課題が残されている。前任隊員の指導を継続し、野球チームの更なる発展・自立を支援する後任隊員を求め、本要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属機関同僚と共に、主に、以下活動を行う。
1. 子どもたち(5-16歳)への野球指導(月-金、 17-20時、土は終日)
2. 現地指導者の発掘・育成、指導法やチーム運営に関するアドバイス
3. 大会への引率、指揮
4. 野球を普及するためのイベントへの参加と協力

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

野球場1面(バックネット、ベンチ、約400名収容スタンド付)、野球道具一式

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
会長(50歳代、日系男性)、副会長(40歳代、日系男性)、野球部長(カウンターパート/50歳代、日系男性)、指導者4名(30歳代~50歳代、日系、非日系男性)
活動対象者:
10歳以下45名(初心者~一般レベル)、10歳代約30名(初心者~一般レベル)

5)活動使用言語

ポルトガル語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)5年以上 備考:現地指導者への指導が必要なため

[汎用経験]:

 ・青少年を対象とした活動経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(5~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】