JICA

2022年度 春 要望調査票
青年海外協力隊 / 海外協力隊 / 日系社会青年海外協力隊 / 日系社会海外協力隊

要請番号(NJ30922A31)
募集終了

国名
ブラジル
職種コード 職種
G124 野球
年齢制限
活動形態
日系
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

ピニェイロス文化体育協会

2)配属機関名(日本語)

ピニェイロス文化体育協会
日系社会

3)任地( パラナ州クリチーバ市 ) JICA事務所の所在地( サンパウロ市 )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機 で 約 1.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

クリチーバ市は人口約180万人を有するブラジル南部地域最大の都市で、日系人口もサンパウロ市に次ぐ約3万人である。配属機関は地域親睦、日本文化継承、青少年育成等を目的とし1953年設立された。移民祭り・春祭り、花祭り等の行事の企画・運営や、野球を中心としたスポーツ活動を行っている。同市内には本配属機関以外に野球・ソフトボールチームを保有する日系団体が2つあり、JICA海外協力隊員(野球・ソフトボール)の派遣実績があるが、本配属機関からの要請は本件が初めてとなる。年間予算は、約3万6千米ドルである。

【要請概要】

1)要請理由・背景

配属機関では設立当初から野球活動が活発に行われていたが、1990年代後半から2017年までの間、諸事情により野球活動を休止しており、その間所属選手たちは同地域にある非日系スポーツクラブに籍を移し活動していた。2017年に同非日系スポーツクラブの経営方針が変わり、プロサッカーチームの経営のみを行う事となった事から、選手たちは再び配属機関に籍を戻し、野球活動が復活した。現在は、6歳から18歳の選手約50名が在籍し、7つの年代別カテゴリーに分かれプレーしているが、最新の野球理論に基づき、手本を示しながら指導ができる人材が不足しており、JICA海外協力隊員の要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属機関同僚と共に以下の活動を行う。
1. 6-18歳の少年少女への野球指導を行う。(火‐木曜17:00‐21:00、土曜14:00‐18:00、日曜8:00-13:00)
2. 大会時の引率・指揮を行う。
3. 現地指導者への指導法に関するアドバイス、練習メニューの紹介等を行う。
4. 野球以外の配属機関主催イベントへの協力、参加をする。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

市営野球場1面、屋根・照明付きブルペン兼打撃ゲージ、野球道具一式(ボール240球、バット、キャッチャー用防具等)

4)配属先同僚及び活動対象者

・配属先同僚: カウンターパート(70歳代男性・協会会長、40歳代女性コーディネータ―)、現地指導者(30-40歳代男性5名、指導経験3-25年) 、事務局担当(60歳代女性)

・活動対象者:少年少女約50名(6-18歳、初心者-部活・一般レベル)

5)活動使用言語

ポルトガル語

6)生活使用言語

ポルトガル語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(男性) 備考:同僚、活動対象がほぼ全員男性のため

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(競技経験)10年以上 備考:技術指導が必要

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(西岸海洋性気候) 気温:(-2~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】