JICA

2022年度 春 要望調査票
シニア海外協力隊 / 日系社会シニア海外協力隊

要請番号(NS32422C03)
募集終了

国名
パラグアイ
職種コード 職種
G157 日本語教育
年齢制限
活動形態
日系
区分
交替
5代目
派遣期間
2年
派遣隊次
・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

経済・社会開発企画庁

2)配属機関名(日本語)

パラグアイ日本人会連合会
日系社会

3)任地( セントラル県フェルナンド・デ・ラ・モラ市 ) JICA事務所の所在地( アスンシオン )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 0.5 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

配属先は首都アスンシオンに隣接する市に事務所を構え、パラグアイ全土にある9つの日本人会・文化協会(日系1世・2世が中心)と、1つの日系人協会(日系2・3世が中心)で構成されている。特に、日本語教育、文化、高齢者福祉に関する活動、及び後継者育成に力を入れている。加盟団体の総世帯数は約1200世帯、日系社会全体における日本人会の組織率は約60%(都市部)となっている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

教師の不足や、日系人子弟の日本語学校離れ、近年の非日系児童の増加等によって、国内の日系日本語学校を取り巻く状況は大きく変わりつつある。各地方の日本語学校へJICA海外協力隊が派遣され、各学校が抱える課題解決に向け、現地教師とともに活動を行ってきた。並行して、国内全体の状況を俯瞰しながら、中長期的な運営方針策定に向け専門的な知見を有する人材が望まれるため、今回の要請に至った。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

配属先とともに以下の活動を行う。
1. 国内の日系日本語学校を巡回指導し、各地区での研修会を企画・実施する
(国内8地区8校の日系日本語学校が開校しており、今後、複数地区へのJICA海外協力隊員派遣が予定されている)。
2. 日系日本語学校8校および現地日本語教育機関3校が参加する全体研修を企画・実施する。
3. 日本語教育及び学校運営に係る方針策定のための調査・支援を行う。
4. 各種イベントや地域行事に参加・協力する。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

コピー機、ファックス、パソコン、プリンタ ※当国の日系日本語学校で使用されている主な教科書は『光村国語教科書』『みんなのにほんご』『にじ』『にほんごドレミ・ジャンプ』等

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚: 主任1名(教育担当)
補佐的専従スタッフ:日系
事務局長:(男性)
活動対象者:各移住地の日本語学校生徒、教師、
文化センター、現地校等の生徒、教師等
日本語学校教師の日本語能力はN1~2程度、日本居住経験を持つ方も多い。

5)活動使用言語

その他

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

スペイン語(レベル:D)又は英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(日本語教育に関する資格)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(    ) 備考:

[経験]:(実務経験)15年以上 備考:現地指導者への育成を含むため

[参考情報]:

 ・教師養成の経験があれば望ましい

 ・学校運営の経験があれば望ましい

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(温暖湿潤気候) 気温:(0~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

・活動使用言語は日本語となる。住居はホームスティ(または離れ)となる予定。・COVID-19の影響により、今後、活動内容が一部変更になる可能性有。変更時には配属先およびJICA事務所と相談しながら、活動を展開していくこととなる。