JICA

2022年度 春 要望調査票
シニア海外協力隊 / 日系社会シニア海外協力隊

要請番号(SL24522C04)
募集終了

国名
メキシコ
職種コード 職種
I102 障害児・者支援
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

国際開発協力庁科学技術協力総局

2)配属機関名(日本語)

ユカタン聴覚障害者協会
NGO

3)任地( ユカタン州メリダ市 ) JICA事務所の所在地( メキシコシティ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 飛行機+バス で 約 5.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ユカタン聴覚障害者協会は、1986年設立のNPOで、協会内のケアだけでなく、ユカタン半島3州の地域コミュニティへの巡回ケア、ユカタン州内の障害者施設との連携支援を行っている。特に配属先が加入しているユカタン市民団体連合内では積極的に関係団体への支援を行っている。外国からの事業支援を受けており、アメリカの大学から医学大学生が短期派遣され、地域コミュニティ巡回ケアを行っている。また、後援企業は、メキシコ企業等が名を連ねており、経営手腕は高い。JICAからは、2019年に活動していた障害児・者支援シニア海外協力隊員が同協会を訪問し、ヨガ教室等を実施したことがある。

【要請概要】

1)要請理由・背景

同協会は、アメリカやメキシコの大学と連携して、短期的に地域コミュニティの巡回ケア等を行っているが、常駐するスタッフの数が少なく人手不足に悩んでいる。また、欧米の知識や経験は有しているが、利用者への更なるサービスの向上のため、新たな知見を得ることを強く望んでいる。以前より、日本の特別支援教育に関心が高く、2019年にJICA派遣のシニア隊員(障害児・者支援)の実務を通して、協力隊事業の有効性や成果を認識し、今回の要請となった。同配属先は、日本人の知見をユカタン州内の関係NPOにも共有したいと考えており、隊員には域内の他関連NPOへの協力も期待されている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.日本の経験に基づいた、聴覚障害者に対するケアプログラムを紹介する。
2.保護者へのケア計画を必要に応じて改善し、保護者やスタッフへの講習会を実施する。
3.ユカタン州での障害者支援機関(大学、公立病院など)で講習会を開催する。
4.地域巡回ケアに同行し、補助を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

聴覚診査室、聴覚装具室、リハビリテーション室(2部屋)、講習室(20名程度)、事務室、インターネット完備

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先同僚:
代表者:60代女性、経験30年以上
医師:60代男性:経験30年以上
ボランティアスタッフ:20代~60代、10名以上
活動対象者:
利用者:1歳~16歳 12名
関連団体利用者:1歳~16歳 60名程度

5)活動使用言語

スペイン語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:D)

【資格条件等】

[免許]:(特別支援学校教諭)

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(高等専門学校卒)保健医療 備考:同僚への指導の必要性から

[経験]:(実務経験)15年以上 備考:同僚への指導の必要性から

[参考情報]:

 ・ヨガの指導経験

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(15~40℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

インターネット環境は居住地区により異なり、通信環境は保証されていない。