JICA

2022年度 春 要望調査票
シニア海外協力隊 / 日系社会シニア海外協力隊

要請番号(SL24522C06)
募集終了

国名
メキシコ
職種コード 職種
D227 工作機械
年齢制限
活動形態
個別
区分
新規
派遣期間
2年
派遣隊次
・2022/4 ・2023/1 ・2023/2 ・2023/3

【配属機関概要】

1)受入省庁名(日本語)

ケレタロ州教育局

2)配属機関名(日本語)

ケレタロ工科大学(UTEQ)

3)任地( ケレタロ州ケレタロ市 ) JICA事務所の所在地( メキシコシティ )

任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( バス で 約 3.0 時間 )

4)配属機関の規模・事業内容

ケレタロ工科大学は、1994年に設立され、現在では自動制御テクノロジー学科、産業メンテナンス学科、ナノテクノロジー学科などを含む12学科を有する。同大学は、3年制の技術短期大学課程の卒業後、さらに3年間の学士課程が選択できるTSU(高等大学テクニカル)制度が採用されている。2003年にフランス系自動車会社と協定を結び、自動車学科に研究センターを設立した。2016年には、デジタル製造産業センターに加えて、米国パソコン・ソフトメーカーと協定を結び創造革新センターも開設された。2019年、コロナ感染拡大前の大学の年間予算は約22億円が計上されている。

【要請概要】

1)要請理由・背景

メキシコ国の自動車産業の中心地域となる中央高原地帯バヒオ地区において、2010年以降JICAは中小企業・裾野産業の強化のため、高等教育機関への協力を展開してきたが、情報通信分野の技術革新に合わせて自動車産業界にも大きな変革がもたらされてきている。ケレタロ工科大学では、2016年にインダストリー4.0を導入し、地域製造業における生産ラインの高効率化や予知保全などの研究に取り組んできたものの、未だ十分に成果が得られていない。そこで、シニア海外協力隊の協力により自動制御に関する技術を習得し、将来的には近隣の工科系大学(サン・ファン・デル・リオ工科大学、ケレタロ技術大学)への成果の共有も検討している。自動制御テクノロジー学科の学生は、356名。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)

1.自動制御テクノロジー学科の授業内容、カリキュラム、機材、指導内容等の調査を行う。
2.大学の支援する域内の生産現場の現地調査を行い、現場で求められている技術レベルの確認を行う。
3.上記調査結果に基づき、インダストリー4.0を取り込んだカリキュラム策定への提言を行う。
4.学科教員向けにインダストリー4.0に関する講義を行う。
5.必要に応じて、域内連携大学でのインダストリー4.0に関する講義を行う。

3)隊員が使用する機材の機種名・型式、設備等

PC、ケレタロ州工科系ラボラトリーネットワーク、PLC(Siemens・S7-1200/Allen Bradley・Controllogix)、3Dプリンター(Rinrbot・1403)、WiFi環境

4)配属先同僚及び活動対象者

配属先の同僚:
学科主任教授、男性、40歳代、大卒、工学技士
活動対象者:
学科教員37名、学生365名、他校教員および学生

5)活動使用言語

英語

6)生活使用言語

スペイン語

7)選考指定言語

英語(レベル:B)

【資格条件等】

[免許]:(    )

[性別]:(    ) 備考:

[学歴]:(大卒)工学 備考:同僚への指導の必要性から

[経験]:(実務経験)15年以上 備考:同僚への指導の必要性から

[参考情報]:

 ・修士以上が望ましい。

 ・生産システム管理の経験が望ましい。

任地での乗物利用の必要性

不要

【地域概況】

[気候]:(高地地中海性気候) 気温:(5~30℃位)

[通信]:(インターネット可  電話可)

[電気]:(安定)

[水道]:(安定)

【特記事項】

インターネット環境は居住地区により異なり、通信環境は保証されていない。